相続税!知って得する裏技特集

生前贈与を活用して節税する!

相続税を節税する方法に、生前贈与を活用する方法があります。一般的な生前贈与を行った場合は贈与税が課税されてしまいますが、いくつかの特例を活用すれば贈与税が非課税となるため、税金を掛けずに財産を渡す事ができます。例えば、住宅を取得するための資金や、子供や孫の教育資金、あるいは子育て資金など、特定の目的のための資金を贈与した場合の特例では、最大3,000万円までの贈与額が非課税となります。また、駐車場など収益が発生する不動産がある場合、相続時精算課税制度を活用して贈与をします。この場合、贈与者が亡くなった際の相続税の計算に不動産の価額が含まれますが、贈与時から相続時までに発生した収益は除かれるため、その分だけ遺産が減少し節税となります。

生命保険金や税額控除を活用する!

被相続人が保険料を負担して生命保険に加入している場合、死亡後に支払われる保険金はみなし相続財産として相続税の課税対象となります。ただし、法定相続人一人につき500万円の非課税枠が設けられているため、その範囲内の保険金であれば課税されません。つまり、遺産となるべき現預金で保険料を支払って死亡後に保険金を受け取れば、仮に保険料と保険金が同額であったとしても、非課税枠がある分、遺産が少なくなり節税となります。また、被相続人の配偶者が取得する遺産は、民法に規定する法定相続分または1億6000万円のいずれか高い方の金額まで非課税となります。そのため、子供が相続放棄をして配偶者のみを相続人とすれば相続税は全く掛かりません。ただし、その配偶者が死亡した際に遺産が多く残っていると、余計に税金が掛かる可能性もあるため注意が必要です。

© Copyright Define Inheritance. All Rights Reserved.