相続税!プロの目で解説

相続税の基礎控除額とは?!

遺産を残した人が亡くなった時、その人の法定相続人に対して相続性は発生します。それでは全ての法定相続人に対して相続性は必ず発生するのでしょうか?実は相続税には基礎控除額というものがあり、基礎控除額を越えた金額にのみ課税されます。つまり亡くなった人の遺産の評価額が基礎控除額以内であれば、法定相続人は相続税を払う必要がないのです。亡くなった人の遺産の基礎控除額は人によって違います。基礎控除額の計算方法は、3000万円+600万円×法定相続人の人数=基礎控除額、となります。相続税を払う必要があるかどうか、払うとしたらいくらになるのかの計算は、遺産の評価額-基礎控除額をするところから始めることになります。

法定相続人とは誰のこと?!

相続税の基礎控除額を計算するうえでも重要な法定相続人の人数ですが、それでは法定相続人とはいったい誰のことを言うのでしょうか。まず、亡くなった人に配偶者がいる場合は必ず配偶者が法定相続人になります。さらに、亡くなった人の子、父母、兄弟姉妹も法定相続人になることができますが、配偶者以外の法定相続人には優先順位があります。1位が子、2位が父母、3位が兄弟姉妹という順番になります。この時、亡くなった人に内縁の妻や未婚ですが将来共にすると決めたパートナーがいるとします。法定相続人になるには婚姻関係が必要になりますので、このような人たちは法定相続人になることはできません。しかし、亡くなった人と婚姻関係にない人との間にできた子供に関しては法定相続人になることができます。

© Copyright Define Inheritance. All Rights Reserved.