やさしい!簡単!みんなの遺産相続

死亡保険金で遺産分割と節税ができる

遺産相続は難しいイメージがありますが、要点を抑えれば意外と難しくありません。遺産相続の流れは、遺産の範囲と相続人の調査を行い、それらを基に遺産分割協議をして遺産を分けたら、それぞれの相続人が取得した遺産に応じた相続税を納めます。その際に重要な事は、遺産分割は相続人同士が争う事のないように配慮する事、そして相続税を安く抑える事です。そこで、争いを避けつつ節税を図るために、遺産分割の対象となる財産の中から保険料を支払い、死亡保険金を受け取れるようにします。その場合、保険金は受取人の固有の財産とされるため、遺産分割の対象とはなりませんし、法定相続人の数に500万円を掛けた金額まで非課税となります。つまり、遺産分割で争う事なく、かつ相続税を節税する事ができます。

生前贈与は非課税額がさらに高額!

死亡保険金以外にも、生前贈与で遺産分割と節税を両立する事ができます。生前贈与には、特定の目的のために行われた場合に贈与税を非課税とする特例があります。例えば、住宅を取得するための資金であれば、住宅の取得日に応じて300万円から最大3,000万円までの贈与額が非課税となります。また、子供や孫の教育資金であれば1,500万円(学校以外へ支払う分は500万円)、結婚や子育ての資金であれば1,000万円(結婚のみであれば300万円)までが非課税となります。なお、特定の目的が無い場合でも、相続時精算課税を選択すれば2,500万円までが非課税となります。こうした特例を適用して相続前に財産を渡してしまえば、遺産分割で争いとなる事はありませんし、相続税の節税対策にもなります。

相続する財産が大きく、相続人が多い場合には遺産相続によるトラブルを回避するため、弁護士などの専門家に相続税の手続きをお願いするのが無難です

© Copyright Define Inheritance. All Rights Reserved.