遺言で有効な文例集

妻にすべての財産を相続させたいとき

相続をするときには、法定相続人と言われる人たちで話合いをします。一応法定相続分と呼ばれる割合がありますが、これは相続税を計算するときに使う割合です。また遺留分を請求するときに必要になる割合で、必ずその割合で分けないといけない訳ではありません。となると、妻以外に法定相続人がいると、妻にすべてが渡らない可能性があります。妻にすべての財産を相続させたいとき、どんな文章を作成する必要があるかです。まず、日付と自分の名前、印が必ず必要になります。そして自署する必要があります。文面としては、遺言者の有する一切の財産を妻に相続させると記載します。一切の財産とすれば、現金や不動産等すべての財産を渡せます。妻の部分は、名前や生年月日なども書くとより良いでしょう。

妻や子供に資産を特定して相続させる

自分の資産に不動産が含まれるとき、相続の時にもめる可能性があります。不動産は分けるのが非常に難しく、共同名義などにするのも話をややこしくさせます。将来法定相続人になる人たちの話し合いで決めさせるのはあまりよくないと言えるでしょう。そこで行う方法として遺言で相続財産を特定する書き方があります。基本としては日付や自分の名前の自署、印がありますが、それ以外には誰に何を相続させると記載する必要があります。現金などであれば、銀行名、支店名、口座番号名などもすべて記載しておきます。金額は不要で、これにより死亡時の残額をすべてその人に相続できます。不動産は、登記に書かれている情報を元に所在、地番、地目、地積などを書いておきます。

贈与税は生前贈与の税金の一つです。住宅取得資金、夫婦間、教育資金、結婚子育て資金贈与において贈与税の特例が認められ一定額の税金が排除できます。

© Copyright Define Inheritance. All Rights Reserved.